「送信されたURLにnoindexタグが追加されています」エラーの原因と対処方法

Google Search Consoleで「送信されたURL に noindex タグが追加されています」エラーが発生したときの対処方法について説明します。

エラーの原因

Google Search Consoleから「「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されました」というメールが届いたので、Google Search Consoleで確認したところ、4件のエラーのうち1件が「送信された URL に noindex タグが追加されています」というエラーでした。

まずsitemap.xmlならわかるけど、sitemap.htmlって?聞いたことないし…

もともとGoogleに送るサイトマップは、WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」で自動生成させているので、そのあたりかな?と思って設定を見たらありました。

ということで原因は、Google XML Sitemapsプラグインで[HTML形式でのサイトマップを含める]がオンになっていたからのようです。

Google XML Sitemapsプラグインをインストールして特に設定等せずにデフォルト設定のまま使用していたのでそんな設定があることに全く気づいていませんでした。

対処方法

WordPressのダッシュボード画面の左メニューから、[設定] > [XML-Sitemap]をクリックして、Google XML Sitemaps プラグインの設定画面を開きます。

設定画面にある[HTML形式でのサイトマップを含める]をオフにして[設定を更新]ボタンをクリックして設定を保存します。

以上で完了。

これでsitemap.htmlは含まれなくなります。

Googleのロボットは、sitemap.xmlしか見ないのでsitemap.htmlが含まれてなくても問題ないです。

残りの3件のエラー(404)は、記事を削除したのが原因と思われるので特に何もせずにGoogle Search Consoleからsitemp.mxlをGoogleに再送信しました。

結果的に数日後、Googleから「インデックス カバレッジに関する問題が修正されました」というメッセージのメールが届きました。

WordPressでGoogle XML Sitemapsプラグインをデフォルト設定のまま使っている場合、同様の問題が起きるかと思いますので、[HTML形式でのサイトマップを含める]をオフにして問題を修正してください。

コメント

  1. ももちゃん より:

    同じ問題が起きて困っていました。
    解決法教えて下さりありがとうございました。