Windows10でフォルダ作成、リネーム操作が遅い場合の対処方法

解決!Windows10でフォルダ作成、リネーム操作が遅い場合の対処方法 Windows 10に変えてからフォルダの作成やフォルダ名の変更(リネーム)がやたらと遅くなったので色々調べて設定を変更したら無事直ったので変更した設定内容について覚書。

設定変更した内容と設定方法

以下順番に一つずつ設定変更してフォルダ作成など遅くなった操作を行って改善したか確認してみてください。 改善したらそれ以上の設定は必要ないかと思います。

Windows Searchサービスの無効化

Windows 10がデフォルトで起動している”Windows Search”サービスを停止します。

サービスの停止手順は、以下の通りです。

[Windowsキー] + [r]キーを押し、[ファイル名を指定して実行]ダイアログボックスが表示されたら以下の文字を入力して[OK]をクリックします。

services.msc

[サービス]画面が表示されるので、右側のサービス一覧にある”Windows Search”をダブルクリックします。

[Windows Searchのプロパティ]画面が表示されるので、[スタートアップの種類]を”無効”に変更してから[停止]ボタンをクリックします。

[サービスの状態]が”停止”になったことを確認して[OK]ボタンを押し、[Windows Searchのプロパティ]画面を閉じます。

[サービス]画面に戻るので[X]ボタンで画面を閉じます。

以上で手順としては終了です。

これで”Windows Search”サービスが停止し、次回OS起動時も勝手に起動しないように設定されたことになります。

この状態でフォルダの作成などの動作が改善されたか確認してください。

エクスプローラの表示設定を変更する

“Windows Search”サービスを無効化してもダメだった場合には、以下の設定を行ってみてください。

エクスプローラのプライバシー設定の変更

エクスプローラのリボンツールバーの[表示]タブをクリックして[オプション]ボタンをクリックします。

[フォルダー オプション]画面が表示されるので、[全般]タブの[プライバシー]項目にある以下の2つの設定がオンになってたらオフにしてください。

  • 最近使ったファイルをクイックアクセスに表示する
  • よく使うフォルダーをクイックアクセスに表示する

オフにする。

エクスプローラの表示設定の変更

同じく[フォルダー オプション]画面の[表示]タブを選択して[詳細設定]にある”常にアイコンを表示し、縮小版は表示しない”がオンになっていたらオフにします。

オフにする。

設定が完了したら[OK]をクリックして[フォルダー オプション]設定画面を閉じてください。

フォルダ作成、リネーム操作が遅い場合の対処方法まとめ

大体のケースでは”Windows Search”サービスを止めると解決することがほとんどです。

“Windows Search”サービスは、ファイル検索を高速にするために各フォルダの検索インデックスを作成するサービスですが、特に起動していなくても問題はありません。

もしファイル検索速度が気になるのなら、そもそも”Windows Search”サービスなど使わずに”Everything”をインストールして使ったほうが遥かに高速で使いやすいです。

Everythingダウンロード

インデックス作成が高速なローカルファイル検索ソフト「Everything」(窓の杜)