Microsoft Storeからアプリインストール時にエラー(0x80240438)発生時の対処方法

2022年5月25日

Microsoft Storeからアプリをインストールした際にエラー(0x80240438)が発生して、ダウンロードがすすまずにアプリのインストールができないときに実施した対処方法について覚書。

PowerShellを使用したインストールアプリの一覧の取得、ストアアプリの削除についても補足として掲載。

発生するエラー

Microsoft Storeからアプリをインストールしている際、アプリのダウンロード中に以下のエラーが発生しました。

「問題が発生しました。しばらくしてからもう一度やり直してください」
コード:0x80240438

原因

原因はいくつかあるようですが、私の環境(社内PC)では「winhttp proxy」の設定がされていなかったことが原因でした。

会社のPC等、インターネットに接続する際にプロキシサーバーを通して接続する環境だと発生しやすいですが、逆に自宅PCのようにプロキシサーバーを通していない環境だと紹介する手順は無意味なので、「その他の対処方法」を参照してください。

対処方法

コマンドプロンプトを管理者モードで起動してwinhttp proxy設定を行います。

winhttp proxy設定とは

簡単に説明すると各種アプリがhttp通信する際に使用するプロキシサーバーを設定するコマンドです。

Internet Explorerなどのブラウザのプロキシ設定とは異なります。

対処手順

以下に対処手順を記載します。

[スタート]メニューの[Windowsシステムツール] にある [コマンドプロンプト]を右クリックして[その他] > [管理者として実行]をクリックします。

以下のコマンドを入力して[Enter]を押します。

netsh winhttp show prox

コマンド入力結果が「直接アクセス(プロキシ サーバーなし)。」と表示されることを確認してください。

次に以下のコマンドを入力して[Enter]を押します。

netsh winhttp set proxy proxy-server=プロキシサーバー名:ポート番号

例えば、プロキシサーバーが「inetproxy.mycompany.com」、プロキシサーバーの使用ポートが「8080」だった場合は以下のようになります。

netsh winhttp set proxy proxy-server=inetproxy.mycompany.com:8080

設定が正しく実行されれば、「現在のWinHTTP プロキシ設定」にプロキシサーバーとポート番号が表示されます。

Internet Explorerのプロキシ設定と同じで良い場合はは、以下のコマンドを入力して[Enter]を押します。

netsh winhttp import proxy source=ie

自動構成スクリプトを使用する設定の場合の補足

Internet Explorerのプロキシ設定が「自動構成スクリプトを使用する」になっていて、pacファイルなどが指定されている場合は、上記のコマンドを実行しても「現在のWinHTTP プロキシ設定」は「直接アクセス」のままとなります。

pacファイルの中身を確認して、自分のPCからアクセスしているプロキシサーバーを確認して「set proxy」でプロキシサーバーを設定してください。

プロキシサーバーのアクセスに認証が必要な場合

プロキシサーバーアクセス時にユーザーIDとパスワードが求められる場合は、Windowsの資格情報から該当するプロキシサーバーの資格情報にユーザーIDとパスワードを設定してください。

手順は以下のとおりです。

コントロールパネルを起動して[資格情報マネージャ]をクリックします。

[資格情報の管理]から[Windows 資格情報]をクリックします。

[汎用資格情報]に記載されているプロキシサーバーの右にある下向き矢印ボタンをクリックします。

[編集]リンクをクリックします。

[汎用資格情報の編集]の[ユーザー名]と[パスワード]ボックスにそれぞれの値を入力し、[保存]ボタンをクリックします。

WinHTTP設定のリセット

winhttpコマンドで設定した内容を削除したい場合は、以下のコマンドを入力して[Enter]を押してください。

netsh winhttp reset proxy

以下のようにプロキシサーバーの設定が「直接アクセス」に変更されます。

その他の対処方法

プロキシサーバーを使っていない自宅のPCなどで発生する場合(インターネット接続に異常がない前提)は、以下の方法を試してみてください。

  • ネットワークアダプタのプロパティで「インターネット プロトコルバージョン6(TCP/IPv6)」のチェックをオフにする。
  • Microsoft Storeのキャッシュを削除する
    方法:[ファイル名を指定して実行]から"WSReset.exe"を実行
  • [トラブルシューティング]ツールの実行
    方法:[スタート] > [設定] > [更新とセキュリティ] > [トラブルシューティング] > [追加のトラブルシューティング]で一覧から[Windows ストアアプリ]を選んで実行

PowerShellのストアアプリ関連コマンド

今回の記事と直接関係ありませんが、個人的な備忘録的にPowerShellを使用したアプリの一覧の取得、アプリの削除コマンドを記載しておきます。

アプリの一覧取得

Get-AppxPackage | Sort-Object Name | Select Name

普通に">"でリダイレクトできる。

アプリの削除

Get-AppxPackage 削除アプリ名 | Remove-AppxPackage

PowerShellは管理者権限で起動しておくこと。

まとめ

Microsoft Storeでアプリインストール時に発生したエラーの対処方法について記事にしました。

(Visited 156 times, 137 visits today)