インターネットに繋がっているのに「インターネットアクセスなし」になる場合の対処方法

インターネットに繋がっているのにツールバーに「インターネット アクセスなし」と表示され、SkypeやOutlookがエラーとなって起動しない場合があります。

今回はそのような場合の対処方法について覚書します。

インターネットアクセスなし

ブラウザでWebページがきちんと表示されている、インターネットに繋がっている状態なのにWindowsのツールバーに地球のアイコンが表示され、「インターネット アクセスなし」と表示されている場合があります。

この状態の時にSkypeやOutlookを起動すると、「ネットワークは利用できません」というメッセージが表示されてサインインできなかったりします。

Outlookだと「Microsoft Outlookを起動できません。Outlookウィンドウを開けません。このフォルダーのセットを開けません。インフォメーションストアを開けませんでした。」などのメッセージが表示され起動することができません。

特に企業などPROXYサーバーを通してインターネット接続されている環境に発生しやすいです。

原因

ブラウザからWebページが見れるなど、インターネットにつながっていることが確認できていることを前提とした場合、原因は簡単に言うと「インターネット接続を確認している機能がPROXYを経由しないで直接接続しに行ってしまうため」です。

対処手順

以下の対処を行うことでインターネット接続を確認する機能がきちんとPROXYサーバーを経由して接続しに行くようになります。

キーボードの[ウィンドウズ]キー+[R]キーを押して[ファイル名を指定して実行]を表示し、"gpedit.msc"と入力して[OK]をクリックします。

[ローカルグループポリシー エディター]が起動するので、[コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [ネットワーク] > [ネットワークの状態インジケーター]をクリックします。
[ローカルグループポリシー エディター]の右画面に表示される[グローバルDNSの指定]をダブルクリックします。

[グローバルDNSの指定]画面が表示されるので、[有効]をオン、[グローバルDNSを使用する]のチェックボックスをオンにして[OK]ボタンをクリックします。

[ローカルグループポリシー エディター]画面に戻るので、[グローバルDNSの指定]が「有効」に変わっていることを確認して[X]ボタンで閉じてください。

Windowsを再起動します。

以上で手順は終了です。

まとめ

今の所「インターネット アクセスなし」が頻発していた私のPCではこの状態が発生しなくなっています。

もしこの設定をしてなにか不具合が出たら[グローバルDNSの指定]を「未構成」に戻してください。

(Visited 36 times, 11 visits today)