Windows10:イライラするスタートメニューをWindows7風に戻してイライラを解消!

Windows10:イライラするスタートメニューをWindows7風に戻してイライラを解消!

無償バージョンアップ期限が終了してしまうので仕方なくWindows 10へバージョンアップしましたが、バージョンアップ後、イライラしてどーにも耐えられなかったWindows 10のスタートメニューを”Classic Shell”というフリーソフトを使用してWindows 7風に変更しました。

これだけでもだいぶイライラが解消されました。

イライラするWindows 10のスタートメニュー

Windows 10スタートメニューで私が一番イライラするところは、主に以下の3つです。

  • アルファベット順の目次形式
  • 1つ1つのアイコンがでかい
  • タイル表示いらない

Windows 8を使っていたならそれほどではないのかもしれませんが、Windows 7から変更した私にとっては一番イライラした点です。

ということで、Windows 10のスタートメニューをWindows 7風に変更することに決めました。

Classic Shellを使ってWindows 10をWindows 7風にカスタマイズ

フリーソフトのClassic Shellをインストールすれば、Windows 10のスタートメニューを簡単にWindows 7風に変更することができます。

Classic Shellのインストール方法

以下にClassic Shellのインストール方法を記載します。

Classic ShellのWebサイト、www.classicshell.net をブラウザで開き、[Download Now]ボタンをクリックします。

ダウンロードされた”ClassicShellSetup_X_X_X.exe”(Xはバージョン番号)をダブルクリックします。

[開いているファイル-セキュリティの警告]画面が表示されたら[実行]をクリックします。

[Classic Shell Setup]画面が表示され、セットアップウィザードが開始されるので[Next]をクリックします。

[End-User License Agreement]画面が表示されるので、「I accept the terms in the License Agreement」のチェックをオンにして[Next]をクリックします。

[Custom Setup]画面が表示されるので[Next]をクリックします。

[Ready to install Classic Shell]画面が表示されるので[Install]をクリックします。

Classic Shellのインストールが開始されます。

インストールが完了すると[Completed the Classic Shell Setup Wizard]画面が表示されるので[Finish]をクリックします。

以上でClassic Shellのインストールは完了です。

Classic Shellを使ってスタートメニューをWindows 7風に変更する方法

以下にClassic Shellを使ってスタートメニューをWindows 7風に変更する手順を記載します。

[スタートメニュー] > [Classic Shell] > [Classic Start Menu Settings] を選択します。

[Settings for Classic Start Menu 4.3.0] 画面が表示されるので[Select the style for the start menu]から[Windows 7 Style]を選びます。

次に[Skin]タブをクリックして選択します。

[Skin]タブの[Skin]ドロップダウンリストをクリックし、一覧から[Windows Aero]を選択し、[OK]ボタンをクリックして[Classic Start Menu Settings]画面を閉じます。

以上で、Windows 10のスタートメニューがWindows 7のスタートメニュー風に変更されます。

こんな風に…

Classic Shellについてまとめ

Classic Shellを使用すればWindows 10のスタートメニュー以外に様々な場所をカスタマイズできます。

設定項目が英語となっていますが、日本語化も可能です。

日本語化については、以下のWebサイトを参照してください。

「Windows OS」に従来のテキスト形式を基軸とするスタートメニューを作成することができる「Classic shell」の日本語化ファイルを公開しながら、「Classic shell」の導入手順について記載しています