Excel:貼り付け時に「クリップボードを空にできません」エラーが発生する際の対処方法


Excelで貼り付け([編集] – [貼り付け]、Ctrl + v)をすると以下のメッセージが表示されることがあります。

「クリップボードを空にできません」

このエラーメッセージが表示されても実際には貼り付け処理も正常に行われます。

でも貼り付ける度にこのダイアログが表示されるのは大変うっとおしいので、このエラーメッセージが表示されないようにする手順を以下に記述します。

「クリップボードを空にできません」エラーが発生する際の対処手順

以下対処手順。

  1. [スタート] メニューをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックする。
  2. [名前] ボックスに "clipbrd" と入力。(引用符は含みません)
  3. [クリップブック] アプリケーションが起動するので [編集] メニューをクリックし、[削除] をクリックする。
  4. 「クリップボードの内容を削除しますか?」 というメッセージが表示されるので [はい] をクリックする。
  5. [クリップブック] アプリケーションを終了する。

以上で操作は終了。

以降、貼り付けを行っても「クリップボードを空にできません」エラーは表示されなくなる。
ちなみにこのエラーが出るのは Excel に限った話ではないようです。

以上、簡単なことだけど、忘れそうなので覚書しておく。