Access VBA:指定した日から指定した営業日数後の日付を返すユーザー定義関数

Access VBA:指定した日から指定した営業日数後の日付を返すユーザー定義関数

AcessのVBAで指定した日を起点として指定した日数後の営業日の日付を返すユーザー定義関数を作ったので覚書。

例えば、2015/1/26(水)から5営業日後の日付を求めたい時などに使用するためのユーザー定義関数のサンプルプログラムです。

ユーザー定義関数を作成する前に必要な準備について

この記事で紹介するユーザー定義関数のサンプルプログラムは、以下の記事で作成した”CheckHoliday”を使用します。

AccessのVBAで指定した日付が休日(祝祭日、土日)かどうかを判定するためのユーザー定義関数を作成したので覚書しておく。 ...

必ず上記の記事に記載されている”CheckHoliday”関数を作成するために必要な準備と”CheckHoliday”関数を作成した上で紹介するユーザー定義関数のサンプルプログラムを作成してください。

サンプルプログラム概要

今回紹介するユーザー定義関数のサンプルプログラムは、例えば「注文を受けた日からXX営業日以内」などの条件があった際に注文を受けた日(起点となる日)と何営業日目かを示す数値を指定することで「注文を受けた日からXX営業日後」の日付を返します。

ユーザー定義関数のサンプルプログラム

作成するユーザー定義関数のサンプルプログラムのコードは以下のとおりです。

AccessのVBAの標準モジュールに記載してください。

作成したユーザー定義関数の使用例

例えば、[受注日]フィールドに入力された日付から3営業日後の日付を取得したい場合

[受注日]が2016/1/27だったとすると5営業日後は土日を挟むので2016/2/3が値として返されます。