Access VBA:マウスポインターの形状を変更する方法

Access VBA:マウスポインターの形状を変更する方法

Access VBAでマウスポインターの形状を変更する方法について覚書。

マウスポインターの形状を変更するサンプルプログラム

いつも忘れるので記録

コードの記述としては以下の用になる。
11を指定しているので、待ち状態(砂時計とかぐるぐる回る)ポインタとなる。

サンプルプログラム。

マウスの形状と設定す値について

形状ごとの設定値は以下のとおり。

設定名マウスポインターの形状
0Access によって決められた形。(既定値)
1標準の選択 (矢印)
3テキスト選択 (I 字型ポインタ)
7上下に拡大/縮小
9左右に拡大/縮小
11待ち状態 (砂時計)

以上、ほんとによく忘れるので覚書。