SQL Serverへの接続プロバイダーごとの接続文字列サンプル

接続プロバイダーごとのSQL Serverへの接続文字列のサンプルの紹介。

各種値

接続文字列内で指定する各種値はサンプルとして以下の値を使用。

接続先DBサーバー名 localhost
接続先DB名 Northwind
接続ユーザー sa
ユーザーパスワード password

補足

接続するSQL Serverが「既定のインスタンス」ではなく、インスタンス名が設定されている場合の「接続先DBサーバー名」は、"DBサーバー名\インスタンス名"になります。

Microsoft OLE DB Driver for SQL Server

SQL Server認証

strCon = "Provider=MSOLEDBSQL.1;Password=password;Persist Security Info=True;User ID=sa;" & _
"Initial Catalog=Northwind;Data Source=localhost"

Windows認証

strCon = "Provider=MSOLEDBSQL.1;Integrated Security=SSPI;" & _
"Initial Catalog=Northwind;Data Source=localhost;"

Microsoft OLE DB Provider for ODBC Driver

DSN(データソース名)について

ODBC接続用のDSN作成せずにドライバーレスで接続する書式としています。

ドライバーレス接続だと端末ごとにDSNを作成する必要がないため。

SQL Server認証

strCon = "PROVIDER=MSDASQL;DRIVER={SQL Server};SERVER=localhost;" & _
"DATABASE=Northwind;UID=sa;PWD=password;"

Windows認証

strCon = "PROVIDER=MSDASQL;DRIVER={SQL Server};SERVER=localhost;" & _
"DATABASE=Northwind;Trusted_Connection=yes;"

Microsoft OLE DB Provider for SQL Server

SQL Server認証

strCon = "Provider=MSOLEDBSQL.1;Password=password;Persist Security Info=True;User ID=sa;" & _
"Initial Catalog=Northwind;Data Source=localhost"

Windows認証

strCon = "Provider=MSOLEDBSQL.1;Password=password;Persist Security Info=True;User ID=sa;" & _
"Initial Catalog=Northwind;Data Source=localhost"

まとめ

今更ながらコピペしてすぐ使えるように接続プロバイダーごとのSQL Server接続文字列のサンプルを記載しました。

(Visited 666 times, 325 visits today)