VB.NET:データグリッドビューでカレントセルの位置をプログラムで変更するサンプル

データグリッドビュー(DataGridView)コントロールでカレントセル(アクティブセル)の位置をプログラムで変更するサンプルプログラムを覚え書き。

この記事の目次

書式

データグリッドビューコントロール名.CurrentCell = データグリッドビューコントロール名(列番号,行番号)

アクティブセルの位置を1列目の1行目に変更する。(トップ位置)

Me.DataGridView1.CurrentCell = Me.DataGridView1(0, 0)

アクティブセルの位置を3列目の4行目に変更する。

Me.DataGridView1.CurrentCell = Me.DataGridView1(2, 3)

列番号、行番号は、0からはじまる点に注意。