PHPを使用するためのApache設定手順

php

PHPを使用するためのApache設定手順を覚え書き。

PHPをセットアップしただけでは、PHPで作成されたwebアプリケーションは動作しません。

PHPがApacheで動作するように各種設定が必要となります。

以下にApacheでPHPを使うためのApacheの設定手順について説明します。

PHPを使用するためのApache設定手順

以下にPHPを使用するためのApacheの設定手順について記載する。

Apacheの設定ファイルが保存されている以下のフォルダにあるhttpd.confファイルをテキストエディタ(メモ帳でよいです)で開きます。

C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf

httpd.confファイルに#LoadModuleと記述された部分があるのでそこに以下の一行を追加します。(173行目くらい)

LoadModule php4_module “C:/php/sapi/php4apache2.dll”

同様にDirectoryIndex行(321行目あたり)を以下のように変更します。

変更前

DirectoryIndex index.html index.html.var

変更後

DirectoryIndex index.html index.htm index.html.var index.php

同様に以下のAddType行を2行追加します。(756行目あたり)

AddType application/x-httpd-php .php AddType application/x-httpd-php-source .phps

修正が終了したらhttpd.confファイルを上書き保存します。

以上でapacheの設定は終了です。

apacheを再起動し変更を適用する手順

変更を適用するには、Apacheの再起動が必要になるので以下の手順でapacheを再起動します。

Windowsのタスクバーのトレイに表示されているApacheトレイアイコンをクリックします。

メニューが表示されるので、[Apache]をクリックして[Restart]をクリックします。

以上でApacheの再起動は終了です。

PHPの動作確認手順

PHPが正常に動作しているかどうかを以下の手順で確認してください。

メモ帳を開きます。

次の1行を記述します。 <?php phpinfo(); ?>

[ファイル]メニューをクリックし、[名前を付けて保存]をクリックします。

保存先に、”C:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocs”を指定し、ファイル名に”test.php”と入力して保存します。

IEを起動してアドレスバーに以下のURLを入力します。 URL:http://localhost/test.php

以下のようにPHPの設定情報を表示するページが表示されればPHPが正常に動作していることになります。 注)必ずページの最後まで確認してください。