VB.NET:DateTimePickerコントロールを使用して2つの時刻の差分から経過時間を求めて”00:00″形式で出力するサンプルプログラム

VB.NET/ASP.NET

VB.NET:DateTimePickerコントロールを使用して2つの時刻の差分から経過時間を求めて

VB.NETのDateTimePickerコントロールを使用して開始時刻と終了時刻の2つの時刻の差分計算し、表示形式 HH:mmで出力するサンプルプログラムを覚書。

時刻の差分を出力するVB.NETのサンプルプログラム

フォーム上にDateTimePickerコントロールを2つと経過時間を表示するテキストボックスを1つ配置する。 各コントロールの名前はそれぞれ以下とした。

コントロール名 内容
dtpStartDateTime 開始時刻を設定するDateTimePickerコントロール
dtpEndDateTime 終了時刻を設定するDateTimePickerコントロール
txtTotalTime 経過時間を表示するためのテキストボックスコントロール

サンプルプログラム

以下が終了時刻から開始時刻を減算して経過時間を求め、"00:00″形式で表示するサンプルプログラム。

Dim HHmm As New TimeSpan
 HHmm = (Me.dtpEndDateTime.Value - Me.dtpStartDateTime.Value)
 Me.txtTotalTime.Text = String.Format("{0:00}:{1:00}", HHmm.Hours, HHmm.Minutes)
  

参考サイト

@ITの以下の記事を参考にした。

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/329timeformat/timeformat.html

(Visited 304 times, 40 visits today)

Posted by るーと