VB.NET:日付の計算方法について

poweramp

Accessなどでは、日付の計算が単純(いい加減)で、例えば明日の日付を取得したければ、Date() + 1 でいいんだけど、VB.NETでは同じようにすると型が違うから無理!って起こられてしまう。

VB.NETでは、日付の加減は、AddDaysを使う。

以下具体的な例を記述。

AddDaysの使い方

AddDaysを使用した日付の加減算は、「日付型の値.AddDays(X)」でよい。

例えば、日付型の値にDateTimePickerコントロールのValueを指定したとすると、

とか、単純に変数.AddDays(X)でよい。

Xは、加減する数値を指定する。つまり、明日だったら1、昨日だったら-1を指定すればよい。

明日 = Today.AddDays(1)
昨日 = Today.AddDays(-1)

その他色々な日付を求める例。

今週の開始日(日曜日が週初めの場合)

今週の終了日(開始日に6加算すればよい)

今月開始日

今月の終了日

先週の開始日

先週の終了日(今週の開始日から1日引けばよい)

先月の1日の日付

先月末日付

参考資料

@ITの以下の記事が参考になる。

http://www.atmarkit.co.jp/fdotnet/dotnettips/369firstday/firstday.html