VB.NET:アプリケーション(フォーム)を常に手前に表示する。

VB.NET:アプリケーション(フォーム)を常に手前に表示する。
起動したアプリケーション(フォーム)が常に手前に表示されるように設定する方法について覚書。

フォームを常に手前に表示する

フォームのプロパティであるTopMostをTrueにすることにより、そのウィンドウを常に手前に表示することができる。

解除するにはTopMostをFalseにする。

常に手前に表示する

常に手前に表示したい場合

設定を戻す

元に戻したいときは、

通常は、メニューやコンテキストメニュー(ショートカットメニュー)にチェックボックスつきのメニューを用意してチェックボックスのON/OFFで常に前に表示”する/しない”を切り替える。