Android:Android Studioをインストールするための前提条件、JDK(Java Development Kit)のインストールと環境変数(JAVA_HOME)の追加方法

jdk.jpg

Android Studioをインストールするには前提条件となるJDK(Java SE Development Kit)のインストールとインストール後にOSの環境変数(JAVA_HOME)の設定が必要となるので、JDKのインストールと環境変数設定方法について覚書。

JDK(Java Development Kit)のインストール方法

以下に「Java SE Development Kit 8」のインストール手順について記載する。

以下のURL「Java SE Development Kit 8 Downloads」ページにアクセスする。

※現時点では最新がJDK8になりますが、バージョンが新しくなった場合URLが変わります。
ダウンロードページ

ダウンロードできるJDKの一覧の上部にある[Accept License Agreement]をオンにし、自分が使用している環境(OSの種類/32bit、64bit)に対応したJDKのダウンロードリンクをクリックする。

※私はWindows 7の64bit版を使用しているので、[jdk-8u31-windows-x64.exe]をクリックしています。

ダウンロードどされた[jdk-8u31-windows-x64.exe]をダブルクリックする。

[Java SE Development Kit 8 Update 31(64bit) – セットアップ]画面が表示されるので[次へ]をクリックする。

[Java SE Development Kit 8 Update 31(64bit) – カスタム・セットアップ]画面が表示されるので[次へ]をクリックする。

[Javaセットアップ – コピー先フォルダ]画面が表示されるので、インストールフォルダを変更する必要がなければそのまま[次へ]をクリックする。

インストールフォルダを変更したい場合は、[変更]をクリックしてインストールしたいフォルダを指定後、[次へ]をクリックする。

JDKのインストールが開始される。

[Java SE Development Kit 8 Update 31(64bit) – 完了]画面が表示されるので[閉じる]をクリックする。

以上でJDKのインストールは終了。

環境変数(JAVA_HOME)の設定方法

以下「Java SE Development Kit 8」インストール後に実施する環境変数(JAVA_HOME)の設定手順について記載する。

[コントロールパネル]を開いて[システム]をクリックする。

[システム]画面の左にある[システムの詳細設定]をクリックする。

[システムのプロパティ]画面が開くので、[詳細設定]タブの[環境変数]ボタンをクリックする。

[環境変数]画面が開くので、[システム環境変数]の下の[新規]ボタンをクリックする。

[新しいシステム変数]画面が開くので、以下の項目に各値を入力して[OK]をクリックする。

※「Java SE Development Kit 8」インストール時にインストールフォルダを変更している場合は、変更したインストールフォルダのパスを変数値として設定すること

項目
変数名JAVA_HOME
変数値C:\Program Files\Java\jdk1.8.0_31

[環境変数]画面に戻るので[OK]をクリックして閉じる。
他の画面も[OK]で全部閉じる。

以上で「Java SE Development Kit 8」インストール後の環境変数(JAVA_HOME)の設定手順は終了。

これで「Android Studio」をインストールするために必要な前提条件が整ったことになる。

「Android Studio」のインストール手順については、別記事を参照。