Androidアプリ:「プライベートスペース」をインストールしたら「端末にAPNが正しく設定されていません。」メッセージが表示され続け、ものすご勢いでバッテリーが消費される問題の対処方法

プライベートスペース

Androidアプリ「プライベートスペース」をインストールしたらEメール(MMS)を受信すると決まって「端末にAPNが正しく設定されていません。」と表示されるようになった。

このメッセージが表示されると、しばらく表示され続け、しかもAPNを探しているのかわかりませんが端末が高温になり、みるみるうちにバッテリーが減っていくという状態に。

このアプリに限らないと思うのだけど、「プライベートスペース」のようにSMSやMMS、着信などをモニタというか監視しているアプリには同様の現象が発生する可能性があるので、覚書しておく。

Androidアプリ「プライベートスペース」とは

「プライベートスペース」は、アプリに登録した特定の相手の通話履歴、SMS(ショートメッセージ)、Eメール(MMS)の履歴を隠蔽してくれるアプリケーション。

プライベートスペース 無料版 (プライバシー SMSと通話)

プライベートスペース 無料版 (プライバシー SMSと通話)

DC Mobile Dev Teamposted withアプリーチ

 

登録した特定の相手からSMSが届いても通常のSMSには表示されず、「プライベートスペース」を起動してパスワードを入力した後に初めて見ることが出来る。

こちらが送信した場合も同じ。

通話に関する受発信の履歴も残らず、Eメール(MMS)も同じように隠蔽される。

同じようなアプリは結構あるけれど、このアプリを好んで使用しているのは以下のような点で一番自分の求めるものに近かったので使っている。

無料

基本無料で使用できる。

広告が表示されるが、うざいわけでもなく特に気にならない。

以前有料の別のアプリを使っていたけれど、「プライベートスペース」は無料で同様の機能を提供をしてくれている。

SMSが届いた時にダミーのメッセージを表示できる

登録した特定の人物からSMSが届いた場合、送信元とメッセージを偽装して通知させることができる。

例えば送信元にわけのわからん番号を指定して、メッセージもスパムメール的なメッセージを設定しておけば、仮に画面にSMSのメッセージが表示されてもスパムメールのように見えるので、怪しまれることはない。

何よりSMSが届いたことにすぐ気づける点が良い。

また登録した個人ごとに偽装メッセージを設定できるので、偽装メッセージに相手を特定できる暗号文などを入れておけば、誰からSMSが届いたのかも一目瞭然。

それでいてはたから見れば、ただのスパムメールが届いたようにしか思われない。

届いた偽装SMSは、本当のSMSを「プライベートスペース」で見たら自動的に削除する設定ができるため、偽装SMSだらけになったりもしない。

着信した場合に自動で切ることができる

登録した相手から電話がかかってきた場合に、通常通りの着信状態にするか自動的に切ってしまうかを設定できる。

自動的に切るように設定しておけば、もし相手から電話がかかってきても端末の見た目上に変化はなく、着信していることはわからない。

そして相手の電話を自動的に即切ってくれる。

当然着信履歴も同じように隠蔽され、「プライベートスペース」を起動しないと見ることができない。

でも「プライベートスペース」で着信履歴が確認できるので、誰からかかってきたかもわかるためタイミングの良い時に折り返し連絡をすることができる。

残念ながらLINEのトークを隠蔽することはできません。

端末にAPNが正しく設定されているか確認する方法

「端末にAPNが正しく設定されていません。」のメッセージを出さなくする対処方法を説明する前にまず本当に端末のAPNが正しく設定されているかを以下の手順で確認する。

正しく設定されていないためにメッセージが出ているのであれば、正しく設定すればメッセージはでなくなるでしょう。

以下の確認手順は、手元のHTC J ONE、Androidバージョン 4.4.2での操作となるため、他の端末について同じように確認できるかは不明。

Androidの[設定]画面を開く。

[設定]画面の[モバイルデータ]をタップする。

Android設定画面

[アクセスポイント名]をタップする。

Androidモバイルネットワーク設定

[LTENET]が指定されていることを確認する。

Android APN設定

APN設定に”LTENET”が設定されていれば、端末自体のAPN設定に問題はないと思われるので、以下の対処方法を実施する。

「端末にAPNが正しく設定されていません。」の対処方法

端末にAPNが正しく設定されているのにも関わらず、「端末にAPNが正しく設定されていません。」出続ける場合は、以下の手順で「プライベートスペース」の一部の設定を無効化する。

「プライベートスペース」を起動し、設定したパスワードを入力する。

画面下に並ぶボタンから[設定]をタップする。

[設定]画面の[SMS設定]内の[私的MMSを隠す]が”起動”になっているので、タップして”停止”させる。

プライベートスペース設定画面

特に設定を保存するボタン等はないのでそのまま「プライベートスペース」を終了すれば設定は有効のままとなる。

どうもこの”私的MMSを隠す”機能を有効にしている場合、Eメール(MMS)を受信した際に「プライベートスペース」が行う処理がトリガとなって「端末にAPNが正しく設定されていません。」というメッセージが出続けるようである。

実施には、この対処を行ってもEメール(MMS)が届いた際に1度だけ「端末にAPNが正しく設定されていません。」が表示されてしまうが、有効化していた時のようにずっとメッセージが表示され続け、バッテリがーどんどん減っていくようなことにはならなくなった。

完璧な対処にはなってはいないけれど、ずっとメッセージが出続けてバッテリーを消耗するような事にはならなくなったので良しとする。

「端末にAPNが正しく設定されていません。」まとめ

このメッセージが表示されるようになったら、まずはちゃんとAPNが正しく設定されているか確認すること。

正しく設定されているのであれば、Eメール(MMS)の受送信時に何か処理を行うようなアプリ(特に海外製)がインストールされていないか、またメッセージが出る前にインストールしたアプリにそういった設定がないかどうか確認する。

設定があるのであれば、無効化すれば「プライベートスペース」と同じように治まってくれるかもしれない。