ActivityAction for ActionMenu:脱獄後の必須アプリActionMenuを更に便利にしてくれるアドオン!ActivityAction for ActionMenuの詳細

iPhone

iPhoneをJailbreak(脱獄)した際に必ず入れる便利アプリの ActionMenu が更に便利になる ActionMenu 用アドオン ActivityAction for ActionMenu の詳細について覚書。

ActivityAction for ActionMenu は、脱獄アプリ ActionMenu の機能を更に強化してくれます。

選択した文字列の操作やアプリと連携させることが可能になります!

無料のアドオンなので ActionMenu を入れたらなら、このアドオンも入れておいて損はありません!

ActionMenuについて

ActionMenu の詳細については、以下の記事で紹介しているのでぜひ見てください。

iPhoneをJailbreak(脱獄)した際に必ず入れる便利アプリの ActionMenu の詳細について覚書。 ActionMen...

ActivityAction for ActionMenuアドオンでできること

ActivityAction for ActionMenu アドオンは、 ActionMenu から選択した文字列を他のアプリに連携することができます。

例えば、選択した文字列をActionMenuからGoogle翻訳に渡して翻訳してもらったり、Wikiに渡してWikiの内容を表示してくれたりします。

また、大きな特徴として以下の様な特徴があります。

URLスキームに対応しているアプリであれば、スキームに合わせた連携が可能

URLスキームの詳細については、AppBankの以下の記事を参照してください。

AppBank の主任です。App Store で様々なアプリの説明文を見てみると「URL スキーム」という用語が出てくることがあります。これを使えば、コピー&ペーストなしに文章をアプリからアプリへ渡

JavaScriptに対応

選択した文字列に対してJavaScriptで作成した処理を実行させることができます。

例えば、選択文字列全角から半角に変換する処理など、選択した文字列に対して独自の処理を実行させることができます。

ActivityAction for ActionMenuの使用例

ActivityAction for ActionMenuアドオンによるアプリ連携の例です。 文字列を選択してAction Menuを表示する。

Action Menuから

Action Menuから”Activity”をタップする。 選択文字列を連携するアプリの一覧が表示される。

選択文字列を連携するアプリ一覧が表示される

表示されたアプリの一覧から”Wikipenion”をタップ。

“Wikipenion”が起動して、選択文字列を”Wikipenion”で検索した結果が表示される。

連携されたアプリが起動し、選択文字列を連携した結果が表示される

といった感じです。

ActivityAction for ActionMenuアドオンの設定

ActivityAction for ActionMenuアドオンの設定内容について説明します。

ActivityAction for ActionMenuアドオンの設定画面を開く

ActivityAction for ActionMenuアドオンの設定は、Action Menuの設定内に統合されているので、Action Menuの設定を開きます。

Action Menuの設定を開くには、ホーム画面から[設定]アイコンをタップして表示される[設定]画面を下にスクロールさせると ActionMenu 項目がありますので、それをタップしてください。

Action Menuの設定の”ActivityAction”をタップするとActivityAction for ActionMenuアドオンの設定画面が開きます。

ActivityAction for ActionMenuアドオンの設定画面

ActivityAction for ActionMenuアドオンの設定内容の詳細

各種設定内容は以下のとおりです。

Enabled

ActivityAction for ActionMenuアドオンの有効/無効を切り替えます。

Use Small Icon

Activityをタップした際に表示されるActivityの一覧のアイコンを小さく表示する/しないを切り替えます。

List of built-in activities

初めからActivityAction for ActionMenuアドオンとの連携が用意されているアプリの一覧が表示されます。 タップするとAppStoreでタップしたアプリ詳細が開きます。

Add Activity…

Activityの作成ができます。 URLスキームやJavaScriptを使って独自のActivityを追加する際に使用します。

連携するアプリの一覧

Action MenuからActivityをタップした時に表示するアプリを指定します。

独自のActivityを作成する方法

URLスキームやJavaScriptを使用して独自のActivityを追加できる例を説明したかったのですが…

何か設定して[Save]すると落ちちゃって作れないんですよね。

原因がわからないので、作れるようになったらここに追記します。