フリーソフトとフリーのwebサービス両方が用意されているマインドマップ作成ツール「DropMind」のダウンロードとインストール手順

フリーソフトとフリーのwebサービス両方が用意されているマインドマップ作成ツール「DropMind」のダウンロードとインストール手順

今回は、フリーのマインドマップ作成ツール「DropMind」のデスクトップアプリケーション(フリーソフト)版のダウンロードとインストールおよび、初回起動時の設定手順について覚書する。

DropMindについて

「DropMind」は、フリーソフトとしてスタンドアロン(インターネットにつながっていない状態)で動作するデスクトップアプリケーションとインターネット経由でwebベースでマインドマップの作成ができるフリーのwebサービスの両方が用意されている。

つまり、オンラインでもオフラインでもフリーで使えるマインドマップツール。

見た目は「MINDOMO」によく似ている。

起動速度や動作そのものはとても軽快だし、フリーソフトのマインドマップ作成ソフトとして人気のある「XMind」よりも使いやすいかもしれない。

もちろん、日本語もきちんと入力できるし、「マインドマネージャ」のファイルを読み込めたりもする。

ちょっと残念なのは、作成したマインドマップをフリーのwebサービス版の方と共有できない点かな。

フリーソフト版で作成したマインドマップをweb版の自分のアカウントにアップできれば良かったんだけどな。
でもフリーソフトでこれだけ充実していれば十分だと思う。

以下、フリーソフト版の「DropMind」のダウンロードとインストール、またインストール後の初回起動時のセットアップ手順について説明する。
また画面ショットを追加で載せた。

DropMindのダウンロードとインストール

  1. 「DropMind」webサイトを開く。
    URL:http://dropmind.com/
    画面左側の「desktop application」をクリックする。
    「DropMind」webサイト
  2. 「DOWNLOAD YOUR FREE BETA IN 40SECONDS」をクリックする。
    フリーソフト版をクリック
  3. ユーザー登録画面が表示されるので必要事項を記入して[SEND]をクリックする。
    Select a platform:Windows、MAC、Linuxの何れかを選択。
    First name:名
    Last name:姓
    E-mail:メールアドレス(gmailのアドレスではだめだった)
    Company:未入力でOK
    Phone:適当でOK
    Country:Japan
    State:何もしないでそのまま
    [I have read and agree to the Privacy Policy and Terms Of Use.]をオン。
  4. ユーザー登録が終了すると以下の画面が表示される。
    サポートの電話番号とかなので画面は閉じてしまってOK。
    「DropMind」ユーザー登録画面
  5. ユーザー登録の際に登録したメールアドレスに以下のようなメールが届く。
    「DropMind」のダウンロードリンクと初回起動時に入力する”Registration Code”(シリアル番号みたいなもの)が記入されているので、このメールは捨てないこと。
    メール本文中の”Seavus DropMind setup(.zip)!”をクリックする。
    「DropMind」ユーザー登録完了メールの本文のリンクをクリックして「DropMind」本体をダウンロード
  6. [ファイルのダウンロード]ダイアログボックスが開くので[保存]をクリックする。
    ダウンロード
  7. [名前を付けて保存]ダイアログボックスが表示されるので、任意の場所(ここではデスクトップを指定)を指定して[保存]をクリックする。
    ダウンロード先フォルダの選択
  8. ダウンロードが開始される。
    ダウンロード開始
  9. ダウンロードされた”SeavusDropMind_0_99_0_1007_win.zip”ファイルを解凍したフォルダにある”Seavus DropMind 1.0.exe”ファイルをダブルクリックする。
    インストールプログラムの実行
  10. [Seavus DropMind – InstallShield Wizard]画面が表示され、「DropMind」のインストールが開始されるので[Next >]をクリックする。
    「DropMind」のインストールウィザードが開始される
  11. インストール先フォルダを選択する[Destination Folder]画面が表示されるので、インストール先を変更したい場合は、[Change…]をクリックし、任意の場所を指定する。
    そのままでよい場合は、[Next >]をクリックする。
    インストール先フォルダの指定
  12. [Ready to Install the Program]画面が表示されるので、[Install]をクリックする。
    インストール準備完了
  13. インストールが開始される。
    「DropMind」インストール開始
  14. インストールが正常終了すると[InstallShield Wizard Completed]画面が表示されるので[Finish]をクリックする。
    「DropMind」インストール終了

以上でDropMindのダウンロードとインストールは終了。

DropMindのアクティベーション

まず最初にアクティベーションが必要になるのでその手順から。

  1. 「DropMind」のアイコンがデスクトップに作成されているので、アイコンをダブルクリックする。
    「DropMind」の起動
  2. [Product Activation Wizard]画面が表示されるので、各項目を以下のように設定し[Next >]をクリックする。
    License type:”Single/Trial License”
    Please choose an activation option:”New Key Activation”
    Registration Code:ユーザー登録後に送られてきたメールに記載されているコードをコピーして貼り付ける。
    「DropMind」のアクティベーションを実行
  3. 「DropMind」のアクティベーションションが正常に終了すると、以下のメッセージボックスが表示されるので[OK]をクリックする。
    「DropMind」のアクティベーション終了

これでDropMindのアクティベーションは終了。

アクティベーションが終了するとDropMindが起動します。
「DropMind」の画面

DropMindの画面ショット

以下「DropMind」の画面ショット。

画面1

基本的なアイコンがいくつか用意されている。
「DropMind」スクリーンショット No.1

画面2

イメージは、ファイルからインポートして独自のイメージを使うことも可能。
「DropMind」スクリーンショット No.2

画面3

シェイプなんかも色々な種類が用意されている。
インポートして独自のシェイプを使うこともできる。
「DropMind」スクリーンショット No.3

画面4

背景を設定することも可能。
「DropMind」スクリーンショット No.4

ざっとこんな感じ。