MySQL Connector/ODBC 3.51のセットアップおよびDOBCドライバ設定手順

MySQLのODBCドライバ「MySQL Connector/ODBC 3.51」のドライバ設定を含むセットアップ手順について説明。

MySQLのODBCドライバは、5.0だとイマイチ動作が不安定なので3.51を使用している。

今回は、ODBCドライバ 3.51のダウンロード、インストール、ドライバ設定の手順について記述。

MySQLのODBCドライバダウンロード手順

以下のサイトにアクセスする。

[MySQL Connector/ODBC 3.51 Downloads]の一覧の[Windows]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[Windows MSI Installer(x86)]の[Download]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

 もし、[Download]のリンクがなく、[Pick a mirror]のリンクしかなかった場合は、後述の「Downloadリンクがが表示されていない場合の手順」を参照してダウンロードする。

ファイルのダウンロード開始時に以下の[ファイルのダウンロード – セキュリティの警告]ダイアログボックスが表示されたら[保存]をクリックしてダウンロードを開始する。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

Downloadリンクが表示されていない場合の手順

もし以下のように[Download]の表示がなく、[Pick a mirror]の表示だけだった場合は、[Pick a mirror]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[Select a Mirror]ページに移動するのでログオンフォームの下にこっそり表示されている[No thanks,just take me to the downloads!]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

 一見ユーザー登録をしないとダウンロードできないみたいに思えるが、ユーザー登録をスキップしてダウンロードできる。

MySQLへユーザー登録するのは任意で、もしMySQLの最新情報なんかをメールで受け取りたいなどの希望があればユーザー登録してもかまわない。

ミラーサーバーの選択ページに移動するので日本(基本的にはどこでもかまわない)の国旗マークの”HTTP”か”FTP”のリンクをクリックすればダウンロードが開始される。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

MySQLのODBCドライバインストール手順

ダウンロードされた[mysql-connector-odbc-3.51.27-win32.msi]をダブルクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[開いているファイル – セキュリティの警告]ダイアログボックスが表示されたら[実行]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[MySQL Connector/ODBC 3.51 – Setup Wizard]ウィザードが開始されるので[Next]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[Setup Type]画面が表示されるので、3種類のセットアップタイプの中から任意のタイプを選択して[Next]をクリックする。(通常はTypicalでよい)

  1. Typical:標準
  2. Complete:完全
  3. Custom:インストール先などを任意選択可

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[Ready to Install the Program]画面が表示されるので[Next]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

セットアップが開始される。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[Wizard Completed]画面が表示されるので[Finish]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

以上で「MySQL ODBCドライバ 3.51.27」のセットアップは終了。

次にMySQLサーバーへ接続するためのDSNの作成手順について記述する。

MySQLのODBCドライバを使用したDSN作成手順

[スタート]メニューをクリックし、[設定]をポイントして[コントロールパネル]をクリックする。

[コントロールパネル]が開いたら[管理ツール]をダブルクリックする。

[管理ツール]の中にある[データソース(ODBC)]をダブルクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[ODBC データソース アドミニストレータ]ダイアログボックスが開くので[システム DSN]タブをクリックし、[追加]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[セットアップするデータソースのドライバを選択してください]の一覧から[MySQL ODBC 3.51 Driver]を選択し、[完了]をクリックする。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

[Connector/ODBC 3.51.27 – Add Data Source Name]ダイアログボックスが開くので、各テキストボックスに必要な情報を入力する。

各種設定値の説明を以下に記載しておく。

Data Source Nameこのデータソースの名前(任意)
Descriptionこのデータソースの説明文(入力しなくてもよい)
Server接続するサーバー名(IPアドレスでもよい)
User接続する際のMySQLのユーザー名(例:root)わからない場合は、MySQLの管理者に聞く。
Password“User”に指定したユーザーのパスワード
Database接続したいMySQLのデータベースを一覧から選択する。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

次に[Connect Options]タブをクリックし、以下の項目に必要な情報を入力する。

PortMySQLのポート番号(デフォルト3306)
Character Set文字コードの指定(通常は、sjisを指定する)

※Portの価については、入力しなくても大抵つながるが、つながらない場合は管理者に問い合わせてポート番号を聞く。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

入力が終了したら[Test]をクリックする。

接続に成功すると以下のメッセージが表示される。

MySQL Connector/ODBC 3.51セットアップ手順

以上で「MySQL ODBCドライバ 3.51.27」のデータソース(DSN)の作成は終了。

AccessなどでODBC経由でMySQLに接続する際は、作成したデータソースを指定すればリンクテーブルの作成などができるようになる。