Windows10:XPSファイルが見れない!XPSビューアーのインストールとインストールに失敗する場合の対処方法

XPSビューアーのインストールとインストールに失敗する場合の対処方法について覚書。

Windows 7からWindows 10にバージョンアップしたらWindows 10にはXPSビューアーはデフォルトではインストールされていないようです。

XPSビューアーのインストール方法

以下、XPSビューアーのインストール方法とxpsファイルとの関連付けの方法について説明します。

スタートメニューを開いて歯車のアイコン、[設定]をクリックします。

[Windows の設定]画面が開くので、[アプリ]をクリックします。

[アプリと機能]画面が表示されるので、[オプション機能]をクリックします。

[オプション機能]画面が表示されるので、[機能の追加]をクリックします。

[機能の追加]画面から[XPSビューアー]をクリックして、[インストール]ボタンをクリックします。

[インストール]ボタンをクリックしたあと、画面左上の左矢印(前に戻る)をクリックして[オプション機能]画面に戻ります。

以下の画面のようにXPSビューアーがインストールが開始されればOKです。

XPSファイルとXPSビューアーの関連付け

XPSビューアーがインストールされたらXPSファイルとの関連付けをしておきます。

適当なXPSファイルを右クリックし、ショートカットメニューから[プログラムから開く] > [別のプログラムを選択]をクリックします。

「このファイルを開く方法を選んでください」という画面が開くので、XPSビューアーを選択し、[常にこのアプリを使って.xpsファイルを開く]のチェックをオンにして[OK]をクリックします。

もしXPSビューアーが表示されていない場合は、[その他のアプリ]をクリックするとアプリケーションの一覧が表示されるのでXPSビューアーを選択してください。

XPSビューアーのインストールに失敗する場合

機能の追加からXPSビューアーのインストールを実行しても、何も起こらずインストールされない場合があります。

業務用のPCでWindows UpdateにWSUSを利用している場合などで発生するようです。

XPSビューアーのインストールに失敗する場合は、以下の方法でインストールできるか試してみてください。

[スタート]ボタンを右クリックし、ショートカットメニューから[ファイル名を指定して実行]をクリックします。

[ファイル名を指定して実行]ボックスが表示されるので、”mmc”と入力して[OK]をクリックします。

[コンソール1]画面が表示されるので、[ファイル]メニューから[スナップインの追加と削除]をクリックします。

[スナップインの追加と削除]画面が表示されるので、左ペインから[グループポリシーオブジェクト]を選択し、[追加]をクリックします。

[グループポリシーオブジェクトの選択]画面が表示されるのでそのまま[完了]をクリックします。

[スナップインの追加と削除]画面に戻るので、[OK]をクリックします。

[コンソール1]画面に戻るので、コンソールルートから[ローカル コンピューター ポリシー] > [コンピューターの構成] > [管理要テンプレート] > [システム] をクリックします。

右画面から[オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する]をダブルクリックします。

[オプション コンポーネントのインストールおよびコンポーネントの修復のための設定を指定する]画面が表示されるので、以下の画面のように設定を[有効]にし、[オプション]から[Windows Server Update Services(WSUS)の代わりに、Windows Updateから修復コンテンツとオプションの機能を直接ダウンロードする]のチェックをオンにして[OK]をクリックします。

設定が完了したら再度「XPSビューアーのインストール方法」で紹介した手順でインストールを試してみてください。

インストールに成功すれば[オプション機能]画面の[オプション機能の履歴を表示]をクリックすると以下のようなインストールの成功を示すメッセージが確認できます。

この記事のまとめ

Windows 7のサポート期限が切れた関係で、Windows 10へバージョンアップした方も多かと思います。

Windows 10へバージョンアップすると今までWindows 7で普通にできてたことができなかったり、ちょっと分かりづらかったりする部分が結構あるので、そういったところを今後も気づいたら記事にしていこうと思っています。