もう迷わない、WordPressのテーマはこの中から選べ!無料、有料おすすめ厳選テーマ

おすすめ有料テーマ

ここからは、有料のおすすめテーマを紹介します。

DigiPress

非常にクールでスタイリッシュなテーマを多く販売しています。

中でも「MAGJAM」めちゃめちゃかっこいいです。

DigiPressがおすすめな理由

DigiPressをおすすめする理由です。

  • 全体的にスタイリッシュなデザイン
  • デザインが豊富でブログの目的に合わせたテーマを選択できる
  • 最適化された軽量なモバイル専用テーマで自動的に表示される

特にスマホに対してはレスポンシブではなく、完全に別の軽量化されたテーマで見せることが自動でできるというのがいいです。

DigiPressの悪いところ

DigiPressの短所です。

  • 価格は1万円以下だが1ライセンスのみ
  • 日本語URLが自動的に置換される(オプション指定で置換無効化が可能)

有料テーマの多くは、1回購入すれば自分が所有しているブログであれば何個でもテーマを使うことができるのですが、DigiPressの場合はライセンス販売で、1ライセンスの場合は1つのサイトにしか使用できません。

アフィリエイト目的などで複数のブログを運用する人には向いてない販売形式です。

TCD

「WordPress テーマ」とかで検索すると検索結果のトップに広告で表示されるので知っている人も多いかと思います

TCDがおすすめな理由

TCDがおすすめな理由です。

  • 全体的にスタイリッシュなデザイン
  • 業種に合わせたテーマやアフィリエイト用のテーマなど、ブログの目的に合わせたテーマが豊富
  • カスタマイズ機能が優れている
  • 1つ購入すれば複数サイトに利用が可能
  • カスタマイズ方法やWordPressの活用法などのオンラインマニュアルが充実している

私も別のブログのテーマに「IZM」を使ってたりします。

SANGO(サンゴ)

とてもポップでほんわかするデザインのテーマです。

Webメディア「サルワカ」のノウハウを集大成として作成されたテーマです。

SANGOがおすすめな理由

サンゴがおすすめな理由です。

  • たしかに「居心地がいい」デザイン
  • 見出しやボタンなどのカスタマイズ性が優れており、ショートコードで簡単にカスタマイズできる
  • Googleのマテリアルデザインを踏襲している
  • アニメーションやウィジェット等、JavaScriptを極力使わずCSSとHTMLで表現されている

見た目の印象が非常によいです。

スタイリッシュとかクールというより、落ち着く、安心するというイメージです。

SANGOの悪いところ

SANGOのサイトを見てもらうとわかりますが、使用されている画像がイラスト風の統一されたタッチのものが使われています。

これが例えば写真などの画像を主に使用した場合、SANGOのイメージとだいぶ異なったイメージのサイトになってしまいます。

いくつかSANGOテーマを使った実際のサイトを紹介するのでイメージを確認してみてください。

社員の健康管理をする部署で働くサラリーマン薬剤師。仕事も遊びもめいっぱい楽しむためのモトになる「健康」をお届けしています。 「健康」×「医療」×「働く」×「遊ぶ」。
自分みがき/女みがき/人間みがき

SANGOの紹介サイトとは少し違うイメージになっているかと思います。

WING(AFFINGER5版)

アフィリエイト系ブログのテーマとしては、かなり有名なテーマです。

アフィリエイターでWordPressを運用している人であれば誰でも知っているほど人気のあるテーマです。

WING(AFFINGER5版)がおすすめな理由

WING(AFFINGER5版)は、アフィリエイトに特化したWordPressサイトの運用や「ものを売る」ための集客が目的の人にだけおすすめのテーマです。

  • アフィリエイトに特化しているテーマ
  • アフィリエイトサイト用の機能が豊富
  • 多数実績がある
  • 1つのテーマで複数のデザインが選択できる
  • カスタマイズが容易

アフィリエイトに特化しているサイトのテーマであれば、AFFINGER5一択かなと思います。

アフィリエイトに特化したテーマで、「ものを売る」という仕組みに優れています。

アフィリエイトサイトで調べると上位に表示されるサイトは、オリジナルの物以外ではAFFINGER5が多い印象です。

AFFINGER5にさらにアフィリエイト用の”何か”がセットされたスペシャルパッケージもあります。

WING(AFFINGER5版)の悪いところ

WING(AFFINGER5版)の悪いところとしては、有料テーマの相場的には高めの値段設定というところでしょうか。

アフィリエイトに特化しているという性質上仕方ないのかもしれませんが、相場の2倍位の値段です。

さらに上位版のEXはその2倍以上します。

これから「本気でアフィリエイトで稼いでやる!」といった人向けですね。

おすすめ有料テーマのまとめ

有料版を購入する際は、ライセンス規約に注意してください。

1つ購入すれば所有しているサイトに制限なくつかえるのか、1サイトにしか使えないのとでは複数サイトを運営する場合、負担がかなり変わってきます。

また、アフィリエイトに特化したサイトなのかなどサイトの趣旨にあったものを選んでください。

有料テーマは、当然ながら売りたいためにテーマがものすごくスタイリッシュに見えるようにテーマに合った画像やサンプル記事を使っています。

自分の使う画像素材のイメージや記事の内容など、自分のサイトの雰囲気にマッチするテーマかどうかよく考えてから購入するようにしましょう。

番外編、ネットショップの場合

ネットショップを運営したいのであれば、Shopify一択です。

Shopifyは、ベースがWordPressではありませんし、有料になりますがネットショップの分野でWordPressを抜いてトップになっているCMSです。

オンラインビジネスや小売ビジネスを自分の思い通りに構築できます。どこでも販売でき、いつでもサポートが受けられます。初日でも1,000日目でも、Shopifyがすべてをカバーします。無料トライアルを今すぐ始めましょう。

テーマを選ぶときに考えてほしいこと

WordPressのテーマを選ぶ際の機能的な面での重要な条件は記事の冒頭で話しをしましたが、テーマを選ぶときにもうひとつ重要なことがあります。

まずブログに訪れる人は、何かしらのキワードをもとにGoogleなどで検索した結果として表示されたサイトのリンクをクリックします。

その際訪問者が見るページは、”記事ページ”であって、ブログの”トップ”画面ではないということを意識してください。

これを踏まえると重要なのは、”記事ページを表示したときの見え方”であり、いくらトップ画面がクールであっても訪問者が実際にその画面を見るのは非常にまれなことで、トップ画面がスタイリッシュでも実はあまり見られていないということを理解しておいてください。

また、訪問者のほとんどは、スマホやタブレットでサイトを見ています。

実際のところパソコンの広い画面と違ってスマホやタブレットの狭い画面の中ではデザインの差はほとんどでません。

その狭いスペースでの「表現力」と「記事を読ませる」仕組みに注目して各テーマを比較して、自分の運営するサイトにあったものを選んでください。

例えば、TCDのIZMテーマは、ヘッダーに人気の記事をコンテンツスライダーとして表示する機能が最初から用意されており、記事を見たときに別の記事も同時にアピールして訪問者を自分のサイト内でぐるぐる回す仕掛けがあったりします。

WordPressの厳選おすすめテーマまとめ

WordPressのおすすめな無料/有料テーマを厳選して紹介しました。

これからブログを始めようとか、ブログで稼げたらいいなぁくらいの軽い感じでやるなら、とりあえずは無料のテーマで良いと思います。

Simplicity2のように手軽でカスタマイズが楽なテーマをまずは使って、なれることが最初の一歩としては良いかなと思います。

その上でもう数ランク上げて上のレベルで運用したいとかアフィリエイトで稼ぎたいとなったら有料版を検討してください。

スタイリッシュなテーマとかだと確かに魅力的に見えて使いたくなってきますが、重要なのは記事(コンテンツ)です。

「良質なコンテンツ」が最大のSEO対策であり、「良質なコンテンツ」であれば見栄えがひどくない限りサイトの見た目には関係なく訪問者が訪れます。