WIMP:php.iniの作成と設定(Step2)

php

php.iniの作成と設定について説明する。

オプション項目の設定、変更及び、extensionの設定を行う。

具体的な手順は、以下の通り。

PHP設定手順

“C:\PHP”フォルダにあるphp.ini-distをメモ帳で開く。

php.ini-distをメモ帳で開く

メモ帳で開いたら、479行目あたりにある(メモ帳の[編集]の[検索]を使用すると簡単に見つかる。)「doc_root =」と書かれた行を以下のように変更する。

doc_root = “C:/Inetpub/wwwroot” (”¥”マークは使わないこと)

doc_root行を変更する

次に486行目あたりにある「extension_dir = “./”」と書かれた行を以下のように変更する。

extension_dir = “c:/php/ext” (”¥”マークは使わないこと)

547行目あたりにある「upload_max_filesize」の設定を以下のように2Mから6M以上に変更する。

upload_max_filesize = 6M

upload_max_filesize設定を変更する

次に605行目あたりから始まるextensionの設定行に移る。

以下の5つのextension設定行先頭のコメントアウト”; セミコロン”を外して有効にする。

  1. extension=php_curl.dll
  2. extension=php_gd2.dll
  3. extension=php_imap.dll
  4. extension=php_mbstring.dll
  5. extension=php_mysql.dll

extensionの設定

1187行目あたりから始まる[mbstring]セクションの設定を以下のように変更する。

デフォルトではコメントアウトされているので必ず行頭の”; セミコロン”を削除する。

  1. mbstring.language = Japanese
  2. mbstring.internal_encoding = UTF-8
  3. mbstring.http_input = auto
  4. mbstring.http_output = pass
  5. mbstring.detect_order = auto
  6. mbstring.substitute_character = none

mbstringセクションの設定を変更する

また、以下の行を、[mbstring]セクション内に新規に追加する。

default_character = UTF-8

メモ帳の[ファイル]メニューの[名前を付けて保存]を選択し、Windowsフォルダ(C:\Windows)にファイル名”php.ini”で保存する。

ファイル名php.iniでWindowsフォルダに保存する

以上でphp.iniの作成と設定変更は終了。

Step3では、にIIS上でPHPが動作するために必要なIISの設定について説明する。